2008年12月 7日

TRIO μ同調IFT T-26規格表 TRIO TECHNICAL DATA SHEET No.50

当時の5球スーパーに使用されていた中間周波トランス(IFT)、T-26のデータシートです。
tech_50.jpg
中心周波数:455kHz
選択度:25dB at ±10kc
帯域幅:6kc (-3dB)
等々です。

規格と共に、使用法、5球スーパー回路図、調整方法、トラブル対策が記載されています。(2ページ)
若干不鮮明ですが、pdf化してアップロードしました。
Tech_data_sheet_50s.pdf

2008年12月 5日

Hallicrafters 1936年製 通信型受信機 S14 Sky Chief

1936年からHallicraftersで製造されたモデル、S14 Sky Chiefです。
構成はマジックアイを含め7球で、高一中一のスーパーヘテロダイン方式です。
SKY-CHIEF_1.jpg

3バンドを受信でき、
Band1:540-1700kc
Band2:1.68-5.45Mc
Band3:5.3-18Mc
となっています。
BFO内蔵ですが、モードはAM/CWとなっています。当時SSBが無かったのでしょうね。

周波数ダイヤルが特徴的です。
SKY-CHIEF_5.jpg

内部の状態です。
ST管が所狭しと配置されています。
SKY-CHIEF_6.jpg

RF増幅:6D6
周波数変換:6A7
IF/BFO:6F7
DET/AF:75
AF PO:6B5
マジックアイ:6G5
整流(全波):80

春日無線が通信型受信機を作る20年も前の製品です。
見るからに完成度が高そうです。
当時の日本はUSAに比べて技術的に20年のハンディーがあったということでしょうか。

2008年12月 4日

春日無線 9R-4J 紹介記事

春日無線がTRIOブランドで販売していた9R-4Jの紹介記事です。
9R-4J_paper.jpg

当時春日無線にお勤めの横山様(JA1SR OM)の執筆です。

興味深いのが余白の記事で、ラインフィルターの製作が紹介されています。
当時デジタル機器が存在しなかったので、対象は洗濯機等のモーター機器だったと想像しますが、現在、電子機器がほとんどデジタル化され、機器の基準クロック等の混入が問題となっており、現在でも有効な対策手段と思います。
古い真空管受信機で楽しむときに、必需品とも思えます。

pdfファイルでアップロードします。
9R-4J_paper_s.pdf

2008年12月 3日

TRIO 9R-42J 受信機 実体配線図&回路図

TRIOで販売されていた9球スーパー(高一中二)通信型受信機、9R-42Jの実体配線図です。
9R42J_wire1.jpg

そして回路図です。
9R42J_wire2.jpg

共にpdfファイルにしてアップロードしました。
9R-42J_wire-1s.pdf

2008年12月 2日

TRIO 9R-4J/9R-42J TRIO TECHNICAL DATA SHEET No.81

TRIOブランドで販売していた、9球通信型受信機キット、『Model 9R-4J/9R-42J』のテクニカルデーターシートのコピーです。
1958年初版のもので、ちょうど半世紀経っています。
9R42J_tech_sheet_81.jpg

6ページに渡り、調整方法が記載されています。
9R-4J_42J_Tech_sheet_s.pdf

USA出版の過去から現在までの短波受信機スペック雑誌

アメリカで出版されている、1942-1997年製の短波受信機の詳細を記載している雑誌です。
雑誌名は『SHORTWAVE RECEIVERS』で、ありとあらゆるメーカーの受信機が紹介されています。
EDITIONが3rdですので、結構売れている雑誌かと思います。
sw_receivers1.jpg

以前紹介したALLIEDのスピーカーのメーカーも載っています。
sw_receivers2.jpg
TRIOの受信機のようですが.....

有名なHallicraftersの受信機も、満載されています。
sw_receivers3.jpg

2008年11月30日

TRIO JR-310 受信機 詳細

JR-310を解体してみました。
フロントパネルの様子は、こちらです。
Front_R1.jpg

内部の様子です。
JR-310_Inside.jpg
一部ソリッドステート化されています。
また、IFTコイルも新旧混載しています。
PCBも使用され、真空管⇒トランジスタへの変革が伺えます。

先に紹介したスピーカーと並べた状態です。
JR-310_Line.jpg 同じデザインです。

ALLIED スピーカー A-2514 TRIOのOEMスピーカー

TRIOがOEM先であるALLIEDに供給していた通信機用スピーカー、A-2514です。
Front1.jpg
デザインは、当時の310シリーズにあわせてあります。

Front2.jpg

ナショナル ST管6球 0V1 2Band 受信機 AX-530

1954年販売開始の、ナショナル製6球シングルスーパーラジオ、AX-530です。
既に50年以上経っている受信機です。
Front.jpg
受信バンドはAM帯とSW帯です。

Main_Dial.jpg
AM帯とSW帯のチューニングです。
今となっては懐かしいマジックアイが搭載されています。

Vernia_dial.jpg
こちらはSW帯受信用のバーニアダイアルです。
当時のラジオとしては珍しく微調整機構が搭載されています。

Insaide.jpg
受信機内部です。
ST管が整然と配置されています。
この時代以降にトランスレスが出てきましたが、このラジオはしっかりと電源回路にトランスを採用しています。

Spec.jpg
内部にスペック表が貼り付けられています。

Sch.jpg
また回路図も裏蓋に貼り付けられています。

Rear.jpg
背面の状態です。

Tubes.jpg
使用されている真空管達です。
すべてST管です。
Conv. : 6W-C5
IF : UZ-6D6
DET : 6Z-DH3A
AF PO : UZ4Z
RECT : KX-80BK
Magic Eye : 6E5
の構成です。

ロケーションの悪いところで受信をチェックしたところ、AM帯でニッポン放送が受信できました。

2008年11月29日

所蔵受信機の面々

引越し作業も終盤に来て、棚に受信機の一部を整理しました。
春日無線、TRIO時代の6R-4、9Rシリーズ、JRシリーズです。
ALL_Equipment4.jpg

引越しに伴い、いろいろと忘れていた物が出てきましたので、順次紹介したいと思います。

2008年11月27日

春日無線 6R-4S 実体配線図

キット製作のマニュアル、『実体配線図』です。
当時の無線、ラジオ雑誌には必ず記載されていましたね。
私が最初に見た雑誌は『ラジオの製作』でした。小学6年生の時でした。
内容を理解できないのですが、何度も何度も繰り返し眺め、図書館に通ったことを思い起こします。
6R-4S_wire.jpg

4ページものです。pdfファイルをアップロードします。
6R-4S_wire_s.pdf

春日無線 6R-4S TRIO TECHNICAL DATA SHEET No.80

春日無線時代にTRIOブランドで販売していた、6球通信型受信機キット、『Model 6R-4S』のテクニカルデーターシートのコピーです。
1955年初版のもので、既に半世紀以上経っています。
6R-4S_TDS.jpg

4ページに渡り、回路図、実体配線図が記載されています。
6R-4S_s.pdf

2008年11月24日

kencraft、kenwood 通信型受信機 QR-666

1970年代、BCLが流行していた時代にTRIOから販売された通信型受信機、QR-666です。

QR-666_1a.jpg
上がkencraftからキットとして販売されたQR-666。
kencraftはTRIOのキット製品のブランドで、QS-500等の50MHzSSBトランシーバなどが有名です。

下はkenwoodブランドになっていますので、完成品販売されたものと想像します。

QR-666_2a.jpg
上のQR-666にはオプション設定のFM帯チューナーが内蔵されています。

TRIOブランド オッシロスコープ CO-50

春日無線がTRIOブランドで1950年代から販売していたオッシロスコープ、CO-50です。

CO-50_1a.jpg
50mmのCRTを表示部としています。
現在ではオシロスコープというのが一般的ですが、当時は違ったようです。
型式は同じなのですが、年代によってフロントパネルの構成、表記が違っているようです。

本機はポータブル型を謳っています。
当時の電気屋さんがラジオ、TVの修理に持ち歩いたのではないかと想像しています。
SWEEPに『TV-H』(TV垂平周波数)の設定があります。

可搬用にとケースに収められています。
CO-50_2a.jpg
当時はオシロスコープも自作されることが多く、本機もキット販売された商品です。
元箱です。
CO-50_3a.jpg

2008年11月23日

TRIO 通信機用 スピーカー SP-55

当時の受信機には内蔵スピーカーが無く、外付けが普通でした。
トリオ(TRIO)ブランドで販売されたスピーカー、SP-55です。

SP-55_1.jpg

SP-55_2.jpg
木製BOXが良い雰囲気を醸し出しています。